Story

宇樽部キャンプ場とLNT

宇樽部キャンプ場は十和田八幡平国立公園の中にあるキャンプ場として、”Leave No Trace”の考えに賛同し、LNTの正式な国際ブランチ「リーブノートレイスジャパン」の団体メンバーとなりました。

Leave No Trace(リーブノートレイス、以下LNT)とは、環境に対するインパクトを最小限にして、アウトドアを楽しむための行動指針でもあります。難しそうに感じますが、宇樽部キャンプ場に照らし合わせて少しだけ考えてみましょう。

LNT7原則

LNTには7原則というものがありますが、ルールではありません。以下踏まえて自分の行動の基準にすればいいのです。どれも当たり前のことのように思えますが、みなさんは意識して行動できていますか?

The 7 Principles of LNT / LNT7原則

原則1 事前の計画と準備(Plan ahead and prepare)
原則2 影響の少ない場所での活動(Travel and camp on durable surfaces)
原則3 ゴミの適切な処理(Dispose of waste properly)
原則4 見たものはそのままに(Leave what you find)
原則5 最小限のたき火の影響(Minimize campfire impacts)
原則6 野生動物を尊重(Respect wildlife)
原則7 他のビジターへの配慮(Be considerate of other visitors)

原則1 事前の計画と準備

行先のルールや注意事項を確認しましょう、出来る限りHPやSNSなどからキャンプ場の最新情報を得るのが好ましいです。また、旅行の工程を詰めすぎて無理をしていませんか?怪我の元にもなるので、余裕のあるプランを立てましょう。

ゴミが少なくなるようにパッキングをしたり、ピークシーズンや混雑する時間帯を避けること、それに悪天候や緊急時に備えることもLNT①に含まれます。保険証や常備薬もお忘れなく。

原則2 影響の少ない場所での活動

タープが当たるからと木の枝を折ったり、丸太を移動したりするのは環境に影響を与えます。一度サイトを作る前に考えてみましょう。よいキャンプサイトは作るのではなく見つけるものです。キャンプサイトは植生が少ない場所に出来る限り小さく設営しましょう。

原則3 ゴミの適切な処理

まず知って頂きたいのは、宇樽部キャンプ場は国立公園内にあるキャンプ場なので普通のゴミの分け方もゴミ袋も違います。ゴミは炊事棟にあるゴミ箱に捨てて構いませんが、ゴミの分別100%を目指していますのでご協力をお願いいたします。また、自分のゴミは持ち帰るという方も大歓迎です!

また、食べ物は出来る限り残さないよう食べきりましょう。食器を洗う時はスクレイパーなどでふき取り必要最小限の天然洗剤で洗い、食べかすは網で漉してから流しましょう。LNT①の段階でレシピを決めておけば、おのずとゴミの量も減らせますよ。

原則4 見たものはそのままに

十和田八幡平国立公園内にあるキャンプ場なので、石、植物などはそのままにして持ち帰らないように。持ち帰るのは写真と思い出にしましょう。

そして、キャンプサイトは元通りにしてから出発!ゴミやペグなどが無いか撤収後に一回りしてチェックする習慣をつけると忘れ物防止になります。

原則5 最小限のたき火の影響

宇樽部キャンプ場は直火禁止です、焚き火をする時は焚き火台を使用して下さい。すべての薪が灰になるまで燃やすのは難しいかもしれませんが、焚き火の大きさは必要最小限にすると燃え残りが減らせます。理想は灰になるまで燃やしきることです。

場内で拾って使っていい薪は、手で折れる程度の落ちている枝だけ。枯れていて、落ちている、ちっぽけな枝を1点に集中しないように分散させて拾いましょう。

直火は禁止です、ルールは必ず守りましょう

原則6 野生動物を尊重

野生動物は遠くから観察しましょう。餌をあげないように、彼らには彼らの暮らしがあり食べ物があります。屋外に食べ物を出しっぱなしにしないように管理することも大切です、餌を食べに来るようになると人間との接触を増やしトラブルに繋がります。

また、ペットはリードでつないでおきましょう。

原則7 他のビジターへの配慮

宇樽部キャンプ場は小さなキャンプ場なので、大きなスペースを使ってしまうと他のキャンパーさんがテントを張れません。スペースを譲り合いお互いの体験の質を下げないようにしましょう。

 発電機・カラオケ禁止です、音楽は自分たちで楽しむ程度の音量でお願いします。自然の音だけを楽しみたい方もいることを忘れないでください。

クワイエットタイムは22時となります、朝早く出発する方もいますのでお静かに。

十和田湖の自然を残しながら、すべての人達が楽しく過ごし続けられるように。そんな想いでLNTを伝えていきたいと考えています。環境に対するインパクトを最小限にし責任あるアウトドアの楽しみ方を一緒に身に着けていきましょう。

ピックアップ記事

  1. Leave No Trace

関連記事

  1. Story

    イベントに参加しませんか

    2019.07.06 sat2019年7月6日~7日…

  2. Story

    キャンプ場スタッフのキャンプ飯が見たい

    キャンプ場にいるスタッフは美味しいものを食べてる説。…

  3. Story

    宇樽部キャンプ場オリジナルグッズ

    宇樽部キャンプ場ではオリジナルグッズの販売をはじめました。2021年…

  4. Story

    今年度は11月6日で営業終了です

    宇樽部キャンプ場の2022年の営業は11/6までとなっておりますが、…

  5. Story

    十和田湖・奥入瀬渓流での釣りについて

    十和田湖の魚といえばヒメマスですね!写真はホイル焼きですが、…

  6. Story

    十和田湖でカヌーを楽しもう

    初心者から経験者まで楽しめます…

お問い合わせ・ご予約

0176-75-2477

対応時間/9:00〜19:00


おすすめ記事

  1. Story

    LINEスタンプができました!
  2. Story

    キャンプ場以外のウォーターアクティビティの出艇場所について
  3. Story

    ごみの分別について
  4. キャンプ料理

    BBQセット(2人用)レシピ
  5. info

    駐車料金及びテント扱いの物について
PAGE TOP