Story

野生動物との接触を避ける為に

キャンプ場でも「野生動物が出ますか?」とのお問い合わせが多いので、ブログにまとめさせていただきます。

まず前提として、私たちは十和田八幡平国立公園の森の中にあるキャンプ場に位置しています。つまり、「野生動物はいる」ということです。しかし、キャンプ場スタッフも見かけるのは稀だという事実も知っておいてください。

とはいえ、キャンプ場で野生動物と接触したくないですよね?100%は無理でもその可能性を低くする為にできることがあります。今回はキャンプ場で気を付けたい点を3つご紹介いたします。

動物との接触を避けるために気を付けたいこと

■食べ物は屋外に出したままにしない

当たり前ですが食べ物の匂いは野生動物を惹きつけます。餌を食べに来るようになると人間との接触を増やしトラブルに繋がります。ですから、餌があるということを覚えさせてはいけません。必ず食べ物を外に置きっぱなしにせず、車の中にしましましょう。

■ゴミも屋外に出したままにしない

食べ物と同様にゴミも野生動物たちの餌になり得ます。同じように車にしまうか、もしくはその日のうちに炊事場のゴミ箱に捨ててしまいましょう。夜だけはなく日中もゴミをしっかりと管理しましょう。

■炊事棟をきれいに保つ

炊事等をきれいに保つことが動物との接触を減らすことになるのか、パッと思い浮かんだ方はいるでしょうか?キーワードは「残飯」です。食べ残しをそのまま放置していませんか?残飯もゴミの一部です。毎日そこに残飯があれば野生動物を引き寄せてしまいますが、みなさんがきれいに保つことで野生動物を寄せ付けない予防になります。

3つの項目をまとめると「野生動物への餌付けの習慣化を防ぐ」ということです。そこに餌があることが分かり餌付けが習慣化されると、野生動物がたちは人間に食べ物を求めるために攻撃的になることもあります。ですから、餌付けの元となる原因を取り除くことに注力しましょう。

もし野生動物を見かけた時には驚かさないように、その場からゆっくり静かに離れましょう。また、近くにいた場合には必ず触らないようにしてください。このことを子供達にも先に伝えておきましょう。

野生動物の尊重(Leave No Trace)


自然との調和は私たちの責任でもあります。宇樽部キャンプ場ではLeave No Traceの原則を通じて、「野生動物の尊重」も大切にしています。食べ物やゴミの管理を通じて、私たちの行動が彼らに与える影響を最小限に抑えることができます。豊かな自然の中で共存していけるようみんなで心掛けましょう。

ピックアップ記事

  1. 青森県おでかけキャンペーンのお知らせ
  2. 十和田湖の新しいアクティビティ「とわだこ SUI SUI SUP」
  3. 2024シーズン予約開始について
  4. 北東北3県・カヌーツアー割引キャンペーン
  5. ご予約について (8/1〜9/30分)

関連記事

  1. Story

    グリーンシーズンのツアーがはじまります

    2024年4月26日から、Towadako Guidehouse 櫂…

  2. Story

    宇樽部キャンプ場とLNT

    宇樽部キャンプ場は十和田八幡平国立公園の中にあるキャンプ場として、"…

  3. Story

    宇樽部キャンプ場オリジナルグッズ

    宇樽部キャンプ場ではオリジナルグッズの販売をはじめました。2021年…

  4. Story

    ご予約について (6/1〜7/31分)

    お待たせいたしました!!4月1日13時より、6/1〜7/31分の予約…

  5. Story

    Towadako Guidehouse 櫂のHPがリニューアルしました。

    Towadako Guidehouse 櫂は、青森県の十和田湖でかカ…

  6. Story

    ライフジャケットの着用について

    気温の上がる日が少しずつ増え始めてきて、水遊びも始まるシーズンです。…

お問い合わせ・ご予約

0176-75-2477

対応時間/9:00〜19:00


おすすめ記事

  1. Story

    ご予約について (6/1〜7/31分)
  2. Story

    10・11月分の予約枠を解放しました!
  3. Story

    野生動物との接触を避ける為に
  4. Story

    LINEスタンプができました!
  5. Story

    今年度は11月6日で営業終了です
PAGE TOP